So-net無料ブログ作成
検索選択

山ヤから見た山ガールは [旅行]

私自身も山ヤなので大した事は言えませんが、山ガール本当に流行ってるんですね。
モンベルや好日山荘とかに行っても若い女性向け商品の種類がかなり増えております。
数年前には年配の方々を良く見たのですが、今は若い女性を良く見ます。

ですが、
何かのニュースで見たのですが、気合を入れて山ガールファッションしたらしく
報道「決まってますね」
山ガール「はい!お金かけました!」
報道「合計幾らくらいですか?」
山ガール「7万くらいかけてます!」

え??
それって7万もかけたって事??

報道している方も当の山ガールもどうやら全然解って無いみたいです・・・・・
登山の装備を一様に揃えて7万てのは、最低ランクを使っています、って言ってるのと同じ。
高尾山やそれに近い低山を3シーズンだけ行くのならファッション性優先でそんなもんでしょう。
夏の富士山も装備を多少増やし体力があれば登れると思います。
富士山は標高が高いだけで極端に言うと晴れてれば技術も装備も食料も不要、そういう山です。
ですが、それ以上の山になるとその金額で一通りの装備を揃えるには無理があります。
最低限の技術も必要になります。
山ヤとしては登山人口が増える事自体はうれしいですが、天候や山の状態を甘く見て知識と経験も無く安易な気持ちで登るのだけは決してしてほしくありません。
山岳救助隊や山小屋、他の登山者に迷惑なだけです。

例えば六甲山。
3シーズンの日帰り登山では大した装備無しで大丈夫ですが、冬に登るとなると冬装備が必要です。
逆に言うと冬装備無しに行くとかなり危険と言う事です。
勿論冬山の経験も必要です。

例えば夏の槍ヶ岳。
昼間晴れていれば直射日光ガンガンに当たり30度を超えます。
逆に夜は一気に下がり0~5度程度、体感温度は軽く氷点下になります。

山に登るというのはそういう場所に行くという事です。
山ガールを否定している訳ではありませんが、見た目だけを優先するのは危険です。
山用品が高額なのは普段着とは桁の違う耐久性と機能性を持っているからです。
安易な気持ちと装備で行くとかなり危険なのを理解して欲しいです。

大山を登ってみた [旅行]

先週の土曜日に鳥取県の大山に登って来ました。
高速道路ETC土日1000円を使って車で直接登山口前駐車場まで。
上限1000円のおかけで距離を気にせず気軽に遠くへ行く事が出来るのでありがたい。
朝7:30に到着するもカーナビセットしていた駐車場は満車。
10月末なのに結構来ているんですね。
他の駐車場を探しているとすぐ近くにも発見、無事駐車できました。
でも、此処も後から続々と車が入って来ていて思っていた以上の人出の様子。
早速着替えて登山口へ。
今回は体力と初めての山なので夏山コースですが、ルートを見上げると

げ!
階段が延々と続いている (- - ;)
一気に登る気メーターが連れと共に減っていったのは言うまでもありません・・・・・

コンクリートの階段を登りきってようやく、本当の登山口に到着。

・・・・・
あの、丸太階段が見えない先まで続いてるんですけど。
ひょっとして頂上まで階段なのですか?大山様?

諦めて延々と丸太階段を登っていく。
あー膝にきます、階段は勘弁してください、せめて直登でお願いします (/□≦、)
1合目から8合目までほぼ丸太階段のルートを黙々と登っていく。
時間がかかりながらも、ようやく8合目に到着。
わあ!!
そこには、此処まで登ってきた人へのご褒美かのような素晴らしい景色が!
さすが単独峰!視界すべてが空と地平線でいっぱいに!
daisen-1.jpg
そして8合目からはゆるやかな木道がキャラボクを右に見ながら頂上へと続いています。
daisen-2.jpg
さっきまでの辛い階段とは別世界。
素晴らしい景色を見渡しながら現在のピークへと到着。
大山は崩落が進んでいるので本当のピークへは滑落の危険があるので入れません。
ピークには沢山の人が昼食中で座る場所もあまり無い状態。
脇の空きに座り私たちもシャリ補給。
止まるとさすがに寒いので、念の為に背負ってきたお湯でカップヌードル・シーフードを食べる事に。
他の人たちも同じ考えのようで、あちらこちらにカップヌードルがw
山にカップ麺を持って行く時には縦長タイプが定番です。
しっかりと握って持てるので多少不安手な状態でも食べる事が出来るからです。
日光が当たってるとそうでも無いんですが、標高1,700mで10月末前は風が無くても寒いですね。
でもこの360度地平線の眺めは本当に素晴らしいです。
標高感は全く違いますが、見ごたえは富士山に引けをとりません。
十分に景色を堪能後、下山。
下山ルートも同じなので又階段が延々と続く疲れる道です。
でも、しんどくて気にもしてなかった道を見てみるとルート上にはワイヤーで石を固定している場所が至る所に。
土嚢の跡まで有り、雨になると土が流れてしまいルートが塞がれてしまう可能性と、土が流れて行かない為に木道にしているという事が判り、崩れゆく山には必要なんだなと思いました。

何とか膝が笑いながらも無事下山、車に到着しました。
この日は本当に人が多かったようで駐車場の空きスペースに無理やり停めてる車もありました。
せっかく鳥取に来たので他の場所に行こうか、と連れが言ってましたが、結構疲れたようでそのまま帰る事にしました。
多少の体力さえあれば殆どが階段なので、単独峰のパノラマが楽しみたい人にはお勧めな山です。
但し、雨に降られると足場がかなり悪くなる山なので天気予報をしっかりと確認する事と、気になるようであれば雨装備はしっかりとして行く事をお勧めします。

富士登山者 [旅行]

富士山の登山者には本当に色々と驚かされます。
私は上がモンベルの長袖と下がタラスブルバのパンツロングスパッツ、皮の軽登山靴にダブルストック。
連れはモンベルの長袖とジェーンリバーのフリースの2レイヤーとジェーンリバーのパンツにロングスパッツ、皮の軽登山靴にダブルステッキ
ザックも雨具から始まり登山には必須な物を詰めて背負って来た。
登山なのでしっかりと装備するのは当然だと思っていたんだけど・・・
スニーカーやらジーンズ、果てはサンダルで登ってる。
しかもビーチサンダル!
溶岩石で怪我するかもしれない、とか考えないのか?
親子揃ってビーチサンダルだからオートキャンプの延長上?
雨が降ったりとか怪我したりとか、全く考えてないとしか思えない装備で登ってる。
若い街中普段着な人なんかだと無駄に体力あるから膝や腰の事考えずにガツガツ降りてくるし、靴がグリップしないもんだから砂利道を滑りながら降りてきて砂塵が舞いまくり。
ああ、これが富士登山なんだぁ、ハイキング感覚なんだぁ、と思い納得しました。

違う意味で危ない富士登山 [旅行]

富士山スカイラインのマイカー規制が解除された事もあり、8月28日に2人で富士登山をして来ました。
車で夜中12時半頃に富士山スカイラインに入ったんですけど、富士宮口五合目駐車場から4キロ手前近くで既に渋滞。
駐車場はかなり前から満車になっていたようで案内整理の人たちの指示で1台づつUターンさせられ路肩駐車する事に。
混むとは聞いていたんだけど、まさかここまでとは思っていなかったので結構びっくりしながらも路肩ギリギリに駐車。
直ぐに出発する人も結構いるようで御来光狙いだろうな、と思いながら車の中で仮眠。
朝5時起床、準備をして富士宮口五合目を目指し道路を歩いているとタクシーが通ってくれたので乗車。
運転手さんに教えてもらって日の出や影富士がみれて良かったし、舗装路を山靴で歩くという一番したくない事をしなくて良かった。
トイレ写真、点検を済ませ6時前に出発。
が、いきなりの階段・・・・・
ま、まあ、日本一有名な山だしな、と思いながら登る。
六合目まではすんなりと到着。
そして山頂を見上げると凄い人の行列と山頂の遠さを改めて感じて、ちょっとショックというかため息が。
そらそうだよな、あと1,300mアップしないといけないもんなぁ。
そして、新七合目、元祖七合目と来てようやく3,000mに。
ここまでは北岳の経験があるので高山病の心配は無いがこれからが未知なので、出来れば緊急用酸素缶のお世話にはなりたくないなぁ。
で、八合目来ました3,200m。
疲れた、ほんとに疲れました、まだ八合目なのに。
とにかく溶岩石と岩と砂利場のルートで歩きにくて改めて単独峰休火山と穂高連山との違いを実感するわ、人渋滞は頻発するはで、ふうっ~~~~~~~~って感じ。
なんとか踏ん張って九合目に着、3,400m。
お腹は空いていたけど気持ち悪くなりそうなので、行動食のゼリー飲料と水を補給。
連れは山小屋でうどんとおにぎり食ってました・・・・・
ここで中休憩しながら景色を眺めたけど、本当に高いなぁ。
しんどいのはしんどいんだけど、本当に気持ちいい。
ふうっ~~とため息を出して九.五合目というプチっとイラつく名前のもとに出発。
もうこの頃から写真なんてどうでも良くなってきてたww
高山病の気配は無いんだけど直ぐ息が上がり足が上がらない。
足は疲れていないのに前に進めない、これが酸素不足の感覚なのかと考えながら、やっと九.五合目着、3,500m。
そして見上げると近くて遠い山頂と人の行列。
念の為に中休憩をして最後の登りを上がる。
ルートが狭いので上り下りの人達で大渋滞の連続。
そしてルート外には瀕死な状態の人達が多数座り込んで酸素を吸っていたり寝てたり疲れきった顔で横になっていたり。
ようやくようやくようやくピークチョイ前の山頂に着、3,700m。
到着時の感動?やったー!とか?
ないないww
そのままザック下ろして水飲んでため息ですww
担いできた4Lの水も残り500mlほどになり小屋で+500ml追加した程水分補給が必要だったのは予想外だった。
落ち着いてきたらお約束のピークからのついたよ電話。
連れも私も親に電話。
親には言ってなかったのでびっくりしてたww
AUとDocomoは電波来てたけどソフトバンクはNG。
登山中、結構iPhone持ってるの見たけど電波来てないんじゃあ意味無しで笑えるを通り越してかわいそうに見えた。
だいぶ楽になって見て回る余裕が出てきたので火口を見て、いよいよ本当の目的「ピーク」へ。
ですが、このピークへの直登がキツイキツイ!
途中で辞めようかと思うくらい見えてるのにダメ。
その上砂塵が舞ってキツイですほんとうに。
なんとか登って、、、ピークで記念撮影。
撮ってくれた方は一眼の本格的なカメラを持っていたので3枚もバシっと撮って頂けました。
本当にありがとうございました。
その後移動食と水を補給して下山。
無事、車のある所まで帰ってこれました。

自衛隊の富士演習場や登山者や富士山の現状等は又次回に。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。