So-net無料ブログ作成
検索選択

Si02BFのタッチパネル操作を改善してみる [商品]

既出ですが一応。
(2015年06月19日記載)

WindowsUpdateのオプションで来ているタッチパネルドライバに更新します。
Silead - Other hardware - KMDF HID Minidriver for Touch I2C Device
si02bf-tpd01.png
si02bf-tpd02.png
ドライバのバージョンは 17.9.55.377、タイムスタンプは 2015/06/10

[コントロールパネル]-[タブレットPC設定]の"リセット"を押して初期化します。
si02bf-tpd03.png
ボタンが押せない場合は一度"調整"を行うと押せる様になります。

これで初期ドライバより操作性が良くなったはずです。
タッチずれの場合は"調整"で補正して下さい。
実はこれの前に降って来た同名のドライバを更新してタッチ位置がズレまくって全く操作できない状態になり、仕方なく有線マウスをつないでドライバのロールバックをする羽目になりました。
現在配布されているドライバは改善しているので問題ありません。
WindowsUpdateのドライバでは偶にあるので戻せる環境で更新を行って下さい。

次に操作性を上げる設定をします。
これはWindowsタブレット共通の設定です。
[コントロールパネル]-[ペンとタッチ]の
"外部モニターでの表示に視覚的フィードバックを最適化する(O)"
にチェックを入れます。
si02bf-tpd04.png

するとタッチした部分に黒丸が付くので良く判るようになります。
si02bf-tpd05.jpg
押せてるかを視覚的に見れるので操作しやすくなりました。

#追記(2015/06/23)
現在WindowsUpdateに以下のドライバが来ていますがアップデートしないで下さい。
KMDF HID Minidriver for Touch I2C Device
日付:2015/06/22
バージョン:23.18.11.955

タッチ位置が大幅にズレてしまい操作出来なくなります。
"17.9.55.377"のドライバがSi02BF対応で
"23.18.11.955"は他機種用の様です。
やはり面倒でもマウスなどが使える状態で更新した方が安全ですね。

#追記(2015/06/25)
ドライバのバックアップを取りたい場合は以下のディレクトリ
C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\sileadtouch.inf_x86_XXXXX
(XXXXXは文字列が入ります)
の以下4ファイル
SileadTouch.cat
SileadTouch.inf
sileadtouch.PNF
‎SileadTouch.sys
を保存しておけば戻す場合に使えます。
なおバージョンは"SileadTouch.inf"の中身で確認して下さい。
手動でドライバだけをダウンロードする場合は
・Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/323166/ja
を参照して下さい。

#追記(2015/07/02)
また新しいドライバが来ていたので適用してみました。
KMDF HID Minidriver for Touch I2C Device
日付:2015/06/29
バージョン:17.22.25.740

問題無く使えたのでSi02BF対応のドライバで間違いないですね。
憶測ですが2種類のドライバが交互に上げられている様です。
次に来るドライバは23.XXX.XXX.XXXだと思います。
ですがドライバを検索してダウンロードするより、アップデートが来たらマウスを用意して一応当ててみて、ダメだったらロールバックか元のドライバに手動更新する、ってのが一番簡単だと思います。
Windows10公開まで1ヶ月切ってるので今更Windows8.1に手間を掛ける必要も無いでしょう。

#追記(2015/08/03)
記事の削除と更新をしました。

申し訳ありません。
バックアップするファイルが不足していました。
ドライバのバックアップは以下のディレクトリのファイル
C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository\sileadtouch.inf_x86_XXXXX
(XXXXXは文字列が入ります)
SileadTouch.cat
SileadTouch.inf
sileadtouch.PNF
SileadTouch.sys
と以下のファイル
C:\Windows\System32\Drivers\SileadTouch.fw
を保存しておけば戻す場合に使えます。
現在の最新版は17.22.25.740です。
バージョンはSileadTouch.infの中身で確認して下さい。

2種類のドライバの違いは
"17.22 : SileadTouch.fwを通してタッチパネルデバイスにアクセスする"
"23.18 : 直接タッチパネルデバイスにアクセスする"
だと思われます。
.fwはファームウェアという意味でしょう。
(間違っていたらすいません)
最新のinfファイルには記載が無いのですが、以前インストールした17.9.55.377のinfファイルにはSileadTouch.fwをインストールする記載があります。
と言ってもドライバと一緒にバックアップされている訳では無く、タイムスタンプも2014/11/28なので出荷時から変更されていないと考えられます。
又、Windows Update カタログでドライバを検索してみましたが同じものは見つかりませんでした。
その代り同じ名前の付いたドライバがヒットしました。
si02bf-51.png
Zeitecがパーツメーカー名でしょうか。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

T.Iizuka

上記を参考にバックアップを取り、再インストールしてみましたが、他にもsileadTouch.fwというファイルも要るようです。けっきょく消してしまって、今はタッチがズレズレで使用できない状態です。良かったらメール等でお送りいただけないでしょうか。このファイルが機種毎のシステムを判別する重要なファイルみたいです。
by T.Iizuka (2015-08-02 09:47) 

QQ_QQ

コメントありがとうございます。
ご指摘の通り"C:\Windows\System32\Drivers\SileadTouch.fw"というファイルが有りinfファイルにも記載されておりました。
不確定な内容を記載しまして申しわけありませんでした。
ですがドライバの2次配布の詳細が現状判りかねますので、大変申しわけありませんがお渡しする事が出来ません。
ですが海外のサイトに同じパネルを使ってるだろうSileadTouch.fwの含まれているファイルが有りましたので記載致します。
http://techtablets.com/wpfb-file/sileadtouch-files-for-chuwi-hi8-zip
お手数ですが上記のファイルで代用出来るかご確認願えますでしょうか。
又可能であればリカバリにて「OSのリフレッシュ」「OSのリセット」にてwindowsファイルの初期化を行ってSileadTouch.fwを元に戻してみて下さい。
なお、大変申しわけありませんが上記は検証をしておりませんので自己責任にて行って下さい。
by QQ_QQ (2015-08-03 00:39) 

T.Iizuka

ご連絡ありがとうございました。ファイルをダウンロードしてやってみましたが、ダブルタッチになったりダメでした。ネットで騒がれているように最初から不調の機体だったかも知れません。サポートセンターに電話してみようと思います。アドバイスありがとうございました。
by T.Iizuka (2015-08-03 05:45) 

QQ_QQ

お役に立てず申し訳ありません。
SileadTouch.fwはタッチパネルとドライバを仲介するソフトウェアみたいで機種毎に調整されている様です。
大変ご迷惑をお掛け致しました。
by QQ_QQ (2015-08-03 12:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。